人事労務管理システムの導入で業務の簡易化や人件費削減に

お手上げ

システム導入で人事業務や労務管理手順の見直しをしよう

ビジネスマン

客観的にみれば非効率なやり方であるにも関わらず、単にその方法に慣れているからという理由で、ずっと改善されないままの手順やワークフローは良くあるものです。人事関連の手続きや労務管理に関する様々な業務の中にもこうしたものは多く、特に書類を使った手続きは、煩雑な上に紙やトナーの消費量を無駄に増やす非経済的な手順と言えます。これを改善するためのおすすめの方法は、人事労務管理システムを導入することです。システムと名のつく通り、導入すると、人事関連の様々な申請や手続き、労務管理業務の多くを電子的に処理できるようになります。個々の手続きや業務に必要な情報はシステム内に格納され、不用意に印刷してその辺に放置でもしない限り、機密性の高い個人情報が洩れる心配もありません。また、過去の手続き状況を確認したい場合も、システム内で検索をかければ瞬時に探し出すことができます。書類を使った手続きでは、印刷したたった一枚の書類を、山のようなファイルの中から見つけなければならず、大変な手間と時間がかかってしまうでしょう。
自社で運用している人事・労務管理業務をリストアップし、その大半をカバーできる一元管理型のシステムを導入すれば、システム利用を前提としたより効率のいい業務処理手順を構築できるでしょう。

見所一覧