人事労務管理システムの導入で業務の簡易化や人件費削減に

お手上げ

一元管理タイプの人事労務管理システムを導入しよう

握手

業務手順やワークフロー、ルールなど、会社独自の決め事は沢山あります。新しく入社した社員は、その会社のメンバーとしてやっていくために、まずはそうした決め事を学び、覚える必要があります。とはいっても、基本的には、収益を上げられる本業のために必要な事柄を優先的に覚えるべきですし、他の補助的・事務的な手続きの習得に費やす時間と労力は、必要最小限に抑えたいところです。
そこで、もし、人事や労務管理関連の手順が、現状、かなり煩雑な場合は、広い範囲の種々雑多な業務を一元管理できる人事労務管理システムを導入することをおすすめします。人事や労務管理にまつわる業務は、リストアップするとかなりの数になりますが、会社により、システム化の進捗具合はまちまちです。ある部分はシステム処理可能で、ある部分は書式を使ってやり取りするというように、異なる手順が混在した状態だと、新たに手順を覚える社員の大きな負担になります。そしてその負担は、決して生産的なものではありません。システムで一元管理できる場合は、新入社員は、そのシステムの使い方を覚えるだけで済むため、従来よりも習得に要する時間を短縮できるでしょう。また、マスターすべきことが減る分、申請や報告でのミスも減り、その分も業務効率化につながるはずです。

見所一覧